いこまいけ高岡 > 射水市 / 富山の曳山祭り > 新湊曳山祭り

荒屋町 曳山


荒屋町(あらやまち)の曳山は、創建が1770年(明和7年)、1888年(明治21年)の荒屋大火と1930年(昭和5年)の東町荒屋大火で焼失し、現在の荒屋町曳山は1952年(昭和27年)に再建されたものです。再建に当たっては、海老江の西町曳山が荒屋町曳山を原型として作られていたため、西町曳山をモデルにして作られました。山体の製作は井波の松井角平と久村太郎が行いました。
荒屋町の曳山写真
荒屋町曳山の全景
荒屋町曳山
荒屋町提灯山
荒屋町提灯山
標識:千枚分銅
千枚分銅
王様:大黒天
大黒天
鏡板:大伴家持
大伴家持
高欄
高欄
幔幕:千枚分銅と唐子
緋羅紗、千枚分銅と唐子
車輪:輻車
輻車
殊連
殊連
殊連下の欄間
殊連下の欄間
土台の化粧板
土台の化粧板
前人形:鉄棒 唐子人形
鉄棒をする唐子人形
金具
金具
花傘
花傘

籠
心柱
心柱
標旗
標旗
 

 
ページ先頭(新湊曳山祭り:荒屋町 曳山)へもどる。
新湊曳山
 
富山県のホテルと旅館
富山県のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.