いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 北区

旧藤ノ森湯

いこまいけ高岡

 旧藤ノ森湯は、脱衣場棟、浴場・釜場棟、付属棟から構成されています。1930年(昭和5年)の上棟。施工は山本辰吉(大工)、仙石要次郎(手伝)、吉田英輔(煉瓦)で、設計は京都工務所。正面外観には唐破風を設け、腰壁部分に色タイルを貼っています。浴室内部は、男女浴室境の仕切壁と四周の壁面に同様の色タイル貼りとしています。平成11年に銭湯は廃業し、現在、店舗として活用されています。建物は、国登録有形文化財(第26-0157号)に指定されています。
 
旧藤ノ森湯 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧藤ノ森湯の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
旧藤ノ森湯 住所:京都府京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
 

 
ページ先頭(北区の近代建築物:旧藤ノ森湯)へもどる。
京都市 近代建築物
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.