いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 北区

聖ヨゼフ修道院

いこまいけ高岡

 聖ヨゼフ修道院(門の家、門)は、旧住友家衣笠邸の門衛所と門として、多久仁輔の設計により1920年(大正9年)に建てられました。広大な敷地には洋館と和館がありましたが、戦後取り壊され、修道院の施設として門と門衛所(現 門の家)のみが残っています。門の家は木造の柱を意匠的に表に表すハーフティンバー形式で、腰部分は煉瓦壁としており、煉瓦造の門と共に中世的なデザインです。門の家および門は、国登録有形文化財(第26-0014号および15号)に指定されています。
 
聖ヨゼフ修道院 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に聖ヨゼフ修道院の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
聖ヨゼフ修道院 住所:京都府京都市北区東紅梅町
 

 
ページ先頭(北区の近代建築物:聖ヨゼフ修道院)へもどる。
京都市 近代建築物
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.