いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 京都大学

京都大学 清風荘

いこまいけ高岡

 京都大学 清風荘の主屋は、清風荘の敷地北西寄りに建っています。南北24.5メートル、東西23.2メートルの規模で、木造平屋一部2階建て、寄棟造り、桟瓦葺き屋根になっています。西側に玄関を設け、廊下で各室を繋ぎ、2箇所の中庭の南側及び2階に続き間座敷をとっています。全体を数寄屋風の意匠でまとめ、意匠・技術・材料共に優れています。清風荘庭園は、国の名勝に指定(昭和26年6月9日)されています。江戸時代には徳大寺家の別邸、明治末期には西園寺公望の控邸となりました。建物は、国登録有形文化財(第26-0243号から253号)に指定されています。
 
京都大学 清風荘 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都大学 近代建築物の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
京都大学 清風荘 住所:京都府京都市左京区田中関田町2-1
 

 
ページ先頭(京都大学の近代建築物:清風荘)へもどる。
京都大学 近代建築物
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.