いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 京都大学

京都大学 尊攘堂

いこまいけ高岡

 京都大学 尊攘堂は、子爵・品川弥次郎が吉田松陰の遺志を受け継いで自邸内に建てた堂舎に由来する建物です。品川の死後、関係資料と建設資金が京大に寄付され、京大構内に新築されました。煉瓦造スタッコ塗りで鉄造の玄関ポーチを有し、開口部などは平明な意匠で仕上げられており、小堂ながら京大構内では異色の建築になっています。
 
京都大学 尊攘堂(写真:2008年11月11日撮影)
京都大学 尊攘堂
 
京都大学 尊攘堂 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都大学 近代建築物の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(京都大学の近代建築物:尊攘堂)へもどる。
京都大学 近代建築物
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.