いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 京都大学

京都大学 総合人間学部 正門と門衛所

いこまいけ高岡

 京都大学 総合人間学部 正門と門衛所は、第三高等学校の正門、門番所として1897年(明治30年)に建てられました。正門は礎石部分に木製の門柱を継ぎ(追掛大栓継ぎ)、門扉は上桟をアーチをあしらった意匠です。門衛所は鉄板葺屋根の木造建築です。外壁をドイツ風の下見板張とし、受付部分の屋根を八角形にしているのが特徴です。正門・門衛所ともに真水英夫の設計と伝えられています。2008年11現在、門衛所は残っていますが守衛さんがいません。国登録有形文化財(第26-0070号および71号)となっています。
 
京都大学 総合人間学部 正門と門衛所(写真:2008年11月11日撮影)
京都大学 総合人間学部 正門と門衛所
 
京都大学 総合人間学部 正門と門衛所 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都大学 近代建築物の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
追掛大栓継ぎ式門柱と門扉
門柱と門扉
門衛所
門衛所
 

 
ページ先頭(京都大学の近代建築物:総合人間学部 正門と門衛所)へもどる。
京都大学 近代建築物
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.