いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 七条通

陶芸倶楽部 風紋舎

いこまいけ高岡

 陶芸倶楽部 風紋舎(旧村井銀行 七条支店)は、吉武長一が設計し、1914年(大正3年)に建てられたレンガ造り2階建ての建物です。建物正面のエンタシスの4本の列柱が特徴で、正面外壁がモルタル塗り、側面外壁が石張りになっています。この建物は、たばこで巨万の富を得た村井吉兵衛が銀行を興し、祇園・五条・七条に支店を設けたときに建てられました。
 
陶芸倶楽部 風紋舎(写真:2008年11月11日撮影)
陶芸倶楽部 風紋舎
 
陶芸倶楽部 風紋舎 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に陶芸倶楽部 風紋舎の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
陶芸倶楽部 風紋舎 住所:京都府京都市下京区西洞院通七条西入北側(七条通東中筋角)
 
陶芸倶楽部 風紋舎の写真
正面の装飾
正面の装飾
西面(東中筋通)
西面
 

 
ページ先頭(七条通の近代建築物:陶芸倶楽部 風紋舎)へもどる。
京都市 近代建築物
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.