いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 市町村

羽幌町焼尻郷土館


 羽幌町焼尻郷土館は、焼尻島で1900年(明治33年)に建築された洋風木造2階建ての建物です。小納家は、呉服屋・雑貨商を営み、郵便局・電信局を建物内に併設していました。現在は、北海道有形文化財に指定され一般公開されています。焼尻港から南へ約400メートルの小高い所にある矛状の尾根飾りをつけた大きな寄棟屋根の建物です。まさに、明治時代に大きな富を得た網元の家って感じです。
 
羽幌町焼尻郷土館 地図(中央のポインターの場所が羽幌町焼尻郷土館です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に羽幌町焼尻郷土館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道苫前郡羽幌町大字焼尻字東浜183(焼尻島)
 
文化財指定:北海道指定文化財
構造:
建築年:
 

 
ページ先頭(北海道市町村の近代建築:羽幌町焼尻郷土館)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.