いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 市町村

旧幌向駅逓所


 旧幌向駅逓所(きゅう ほろむい えきていしょ)は、国道337号に東面する入母屋造、妻入の木造平屋建で、切妻屋根の玄関が外観に変化を与えています。北に切妻造の附属棟が接続し、外壁は下見板張になっています。床構えのある10畳客室2室の間の廊下が附属棟の浴室に通じています。北海道開拓期の交通を担った遺構として貴重な建築物です。
 
旧幌向駅逓所 地図(中央のポインターの場所が旧幌向駅逓所です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧幌向駅逓所の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道空知郡南幌町元町3-3-19
 
文化財指定:国登録有形文化財(第01-0091号)
構造:木造平屋建、鉄板葺、建築面積100m2
建築年:1928年(昭和3年)
 

 
ページ先頭(北海道市町村の近代建築:旧幌向駅逓所)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.