いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 市町村

旧国鉄 根北線 越川橋梁


 旧国鉄 根北線 越川橋梁(正式名称:第一幾品川橋梁)は、長さ147m、高さ21.7mの10連アーチ無筋コンクリート橋で、コンクリート鉄道橋としては北海道最大のものです。北見地方と根室地方を結ぶ根北線(計画では斜里町と標津町56kmを結ぶ路線)の一部として戦時中の1940年(昭和15年)に建設されましたが、未成線となり列車が通ったこともなく線路の敷設も行われませんでした。1973年(昭和48年)に国道244号線の工事に伴い橋脚2本が撤去されています。
 
旧国鉄 根北線 越川橋梁 地図(中央のポインターの場所が旧国鉄 根北線 越川橋梁です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧国鉄 根北線 越川橋梁の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道斜里郡斜里町字越川245-8他
 
文化財指定:国登録有形文化財(第01-0006号)
構造:コンクリート造10連アーチ橋、橋長147m、高さ21.7m
建築年:1940年(昭和15年)
 

 
ページ先頭(北海道市町村の近代建築:旧国鉄 根北線 越川橋梁)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.