いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 市町村

北村家住宅


 北村家住宅は、旧国鉄上武佐駅周辺の市街地に建っています。武佐駅逓所の宿泊施設として増築されたものです。入母屋造2階建で、外壁を下見板張としています。2階は正面を半間張り出し、内部は4部屋と納戸、中廊下などからなり、良質の意匠になるトコや違棚、平書院なども残っています。北海道の駅逓制度の歴史を伝える遺構です。
 
北村家住宅 地図(中央のポインターの場所が北村家住宅です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に北村家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道標津郡中標津町字武佐957-6
 
文化財指定:国登録有形文化財(第01-0094号)
構造:木造2階建、鉄板葺、建築面積83m2
建築年:1927年(昭和2年)、1936年(昭和11年)移築、2001年(平成13年)改修
 

 
ページ先頭(北海道市町村の近代建築:北村家住宅)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.