いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 市町村

太田屯田兵屋


 太田屯田兵屋は、1890年(明治23年)に北太平洋の警備と開拓を行うため、本州から太田に入植してきた屯田兵440戸が暮らす住宅として、1889年(明治22年)1月から1890年(明治23年)5月にかけて標茶集治監の囚人たちによって建てられました。屯田兵に支給された兵屋は、17.5坪(約58m2)の木造平屋建で、土間及び6畳と4畳半の2部屋、居間、台所、押入、便所から構成される建物です。居間には炉が設けられ、屋根に煙出し(排気口)がついています。この兵屋の特徴は、向かい合う建物の構造が、道路を挟んで対称になる「裏返し型」といわれる建て方で、一方の兵屋の入口が道路から遠くなる不都合を解消することが考えられており、道内でも数ヶ所しか例がありません。この兵屋は兵屋番号119番で、1904年(明治37年)の屯田兵制度廃止後も住宅として使用されていましたが、昭和46年に復元し、同年町に寄贈されたもので、当時と同じ場所に残っていることや屯田兵の生活を知る上で貴重な建築物です。
 
太田屯田兵屋 地図(中央のポインターの場所が太田屯田兵屋です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に太田屯田兵屋の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道厚岸郡厚岸町太田2の通り
 
文化財指定:北海道指定文化財
構造:
建築年:1890年(明治23年)
 

 
ページ先頭(北海道市町村の近代建築:太田屯田兵屋)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.