いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 市町村

斉藤家住宅


 斉藤家住宅は、内浦湾を望む敷地に建っています。桁行18メートル、梁間11メートル、木造平屋一部2階建、切妻造、鉄板葺。正面軒をせがい造として深め、さらにその下、桁行全長に小庇を設けています。床上部は田字型で瀟洒な座敷構を備え、正面に出格子を付けています。渡島地方の網元民家の特徴を伝えています。茅部郡鹿部町内に所在していた旧盛田家住宅主屋を、2006年(平成18年)に現在地へ移築しました。
 
斉藤家住宅 地図(中央のポインターの場所が斉藤家住宅です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に斉藤家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道茅部郡森町字鷲ノ木町233-1
 
文化財指定:国登録有形文化財(第01-0092号)
構造:木造平屋一部2階建、鉄板葺、建築面積200m2
建築年:1902年(明治35年)、2006年(平成18年)移築
 

 
ページ先頭(北海道市町村の近代建築:斉藤家住宅)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.