いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 市町村

星槎大学


 星槎大学 校舎は、煉瓦造2階建の学校建築です。西向きに玄関を開く職員室棟から東へ片廊下の北教室棟が延び、職員室棟の南にも片廊下の南教室棟が丁字形に接続されています。屋根は寄棟造鉄板葺で、内・外壁とも煉瓦のイギリス積としています。100メートルを超える長大な北教室棟は壮観です。設計は工藤勇治(芦別市施設部営繕課)、施工は中央土建が行いました。
 
 星槎大学 体育館は、職員室棟の北に渡り廊下で接続する木造平屋建の東西棟です。屋根は切妻造の鉄板葺です。外壁は腰を鎧下見板張、上部をモルタル塗とし、上下2段に窓を開けています。内部は東端にステージと器具庫、西端に物入を設けています。2ヒンジ・トラスの木造小屋組に構造美を見せています。設計は工藤勇治(芦別市施設部営繕課)、施工は中央土建が行いました。
 
星槎大学 地図(中央のポインターの場所が星槎大学です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に星槎大学の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道芦別市緑泉町5-14他
 
文化財指定:国登録有形文化財(第01-0095号と96号)
構造:校舎:煉瓦造一部鉄筋コンクリート造2階建、鉄板葺、建築面積2232m2。体育館:木造平屋建、鉄板葺、建築面積757m2
建築年:1954年(昭和29年)、1956年~57年(昭和31年~32年)増築、2003年(平成15年)改修:校舎。1954年(昭和29年)、2003年(平成15年)改修:体育館。
 

 
ページ先頭(北海道市町村の近代建築:星槎大学)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.