いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 函館市

函館大手町ハウス


 函館大手町ハウスは、旧浅野セメント函館営業所として1918年(大正7年)に建築された建物です。木造2階建で、正面両脇を突出して塔状に扱い、コンクリートブロックで隅柱を形成しています。正面入口にファンライトを飾り、アーケード上をバルコニーとしています。窓庇と窓台は直線的な意匠です。棟札から棟梁は村木甚三郎であったことが判明しています。平成16年の改修工事で往時の外観に整備されました。現在は「カフェ テュ・プランド・デュ・テ」として利用されています。
 
函館大手町ハウス 地図(中央のポインターの場所が函館大手町ハウスです)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に函館大手町ハウスの地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道函館市大手町5-1
 
文化財指定:国登録有形文化財(第01-0062号)
構造:木造2階建、銅板葺、建築面積139m2
建築年:1918年(大正7年)
 

 
ページ先頭(北海道函館市の近代建築:函館大手町ハウス)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.