いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 函館市

旧北海道庁函館支庁庁舎


 元町公園一帯は、古くは松前藩の番所や函館奉行所、明治以降も役所が置かれていた場所で、常に函館と道南地方の行政中心地でした。旧北海道庁函館支庁庁舎は、道庁技師の宗田により設計され、1905年(明治38年)10月3日に竣工した木造2階建ての建物です。施工は鈴木仙蔵が行いました。旧庁舎は、外壁のペイントは地味な印象ですが、2階分の玄関の柱が非常に立派な造りです。これはジャイアントオーダー(数階の高さにおよぶ柱)と呼ばれ、ルネサンスの建築様式です。併設する旧開拓使函館支庁書籍庫も歴史的に貴重な建物です。
 
旧北海道庁函館支庁庁舎の写真
旧北海道庁函館支庁庁舎
 
旧北海道庁函館支庁庁舎 地図(中央のポインターの場所が旧北海道庁函館支庁庁舎です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧北海道庁函館支庁庁舎の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道函館市元町12(元町公園内)
 
文化財指定:北海道指定文化財
構造:木造2階建
建築年:1905年(明治38年)
 

 
ページ先頭(北海道函館市の近代建築:旧北海道庁函館支庁庁舎)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.