いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京の近代建築物 > 千代田区の近代建築物

DNタワー21


 DNタワー21は、第一生命ビルと農林中央金庫・旧有楽町ビルの2つの建物をまとめて高層化し、1995年(平成7年)に竣工したビルです。第一生命ビルと農林中央金庫のファサードが現在の建物に残されています。
 旧第一生命館は、松本輿作、渡辺仁による設計で、1938年(昭和13年)に竣工し、地上6階、地下5階建てでした。戦後、占領軍司令部(GHQ)が置かれ、マッカーサー司令官もこのビルの6階で執務を行いました。
 旧農林中央金庫旧有楽町ビルは、渡辺仁による設計で、1933年(昭和8年)に竣工しました。
 
DNタワー21(写真:2015年3月18日9時28分撮影)、地上付近南面、農林中央金庫です。
DNタワー21
 
DNタワー21 西面(写真:2015年3月18日9時29分撮影)、地上付近西面、第一生命です。
DNタワー21 西面
 
DNタワー21 地図(中央のポインターの場所がDNタワー21です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所にDNタワー21の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
 
文化財指定:東京都選定歴史的建造物
構造:地上:鉄骨造21階建、地下:鉄骨鉄筋コンクリート造5階
建築年:1934年(昭和9年)
 

 
ページ先頭(東京都千代田区の近代建築:DNタワー21)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.