いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 千代田区

ニコライ堂

いこまいけ高岡

 日本ハリストス正教会教団復活大聖堂(通称:ニコライ堂)は、ニコライ(1861年(文久元年)にロシアから来日した伝道師)によって建てられた正教会の聖堂です。原設計はミハノール、アレフイエウイチシチユールポスで、実施設計はコンドルと伝えられています。1884年(明治17年)に起工し 1891年(明治24年)に竣工しました。様式はロシアビザン風、構造は煉瓦造です。関東大震災後の復興により、現状はかなり変りましたが窓枠を除く壁体が当初のままを残っていることに大きな価値が認められます。
 
ニコライ堂 地図(中央のポインターの場所がニコライ堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所にニコライ堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都千代田区神田駿河台4丁目1番3号
 
文化財指定:国の重要文化財(1962年(昭和37年)6月21日指定)
構造:煉瓦及び石造、建築面積805.3m2、一階建、銅板葺
建築年:1891年(明治24年)
 

 
ページ先頭(東京都千代田区の近代建築:ニコライ堂)へもどる。
東京の近代建築
 
東京のホテル
東京のホテル

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.