いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 慶応義塾大学

慶応義塾大学 図書館旧館

いこまいけ高岡

 慶応義塾大学 図書館は、慶応義塾設立五十周年記念事業として建設されたもので、1911年(明治44年)に竣工(煉瓦・石造2階建て、一部3階、地下1階、八角塔屋付、書庫付、スレート葺・銅板葺)しました。設計は曾禰中條建築事務所、施工は戸田組が行いました。構造は主として煉瓦造で、一部鉄筋コンクリートを用いています。関東大震災および戦災で災害を受け、内部は殆んど改修されましたが八角塔を持ったゴシック様式の外観や玄関、広間に当初の形式を残しています。ゴシック様式を取り入れた明治末期の代表的遺構です。現在は書庫・会議室などとして使われています。また、慶応義塾大学三田キャンパス内には、三田演説館や塾監局などの近代建築物があります。
 
慶応義塾大学 図書館旧館 地図(中央のポインターの場所が慶応義塾大学 図書館旧館です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に慶応義塾大学 図書館旧館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都港区三田2丁目15番45号
 
文化財指定:国の重要文化財(1969年(昭和44年)3月12日指定)
構造:煉瓦造、建築面積684.4m2、二階建、地下一階、一部三階、書庫六階、スレート及び銅板葺
建築年:1911年(明治44年)
 

 
ページ先頭(慶応義塾大学の近代建築:慶応義塾大学 図書館旧館)へもどる。
東京の近代建築
 
東京のホテル
東京のホテル

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.