いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 目黒区

日本民芸館西館長屋門及び附属塀


 西館の地はもと柳宗悦の自邸で、長屋門は栃木県国本村(現宇都宮市)から昭和9年に移築したものです。屋根瓦と腰下の壁を大谷石でつくる点に特徴があり、屋根が入母屋造である点が珍しい構造です。南北に延びる塀は、腰下の仕上げをかえ、意匠を長屋門にあわせています。
 
日本民芸館西館長屋門及び附属塀 地図(中央のポインターの場所が日本民芸館西館長屋門及び附属塀です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に日本民芸館西館長屋門及び附属塀の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都目黒区駒場4丁目5番3号
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0053号)
構造:木造平屋建、瓦葺、建築面積78m2
建築年:1880年(明治13年)、1934年(昭和9年)移築
 

 
ページ先頭(東京都目黒区の近代建築:日本民芸館西館長屋門及び附属塀)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.