いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 明治学院大学

明治学院大学 インブリー館

いこまいけ高岡

 明治学院インブリー館は、1889年(明治22年)頃に宣教師館として建築された木造2階建て銅板葺の建物です。名前の由来は、ウィリアム・インブリー博士(Dr. William Imbrie)が住んでいたことに由来しています。竣工当時は、瓦葺でしたが、1914年(大正3年)の火災により屋根と外壁の一部が類焼しました。1964年(昭和39年)に現在地に移動され、1997年(平成9年)に修復が行われています。なお明治学院大学内には、明治学院礼拝堂や明治学院記念館などの近代建築物が残っています。
 
明治学院大学 インブリー館 地図(中央のポインターの場所が明治学院大学 インブリー館です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に明治学院大学 インブリー館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都港区白金台1丁目2番37号
 
文化財指定:国の重要文化財(1998年(平成10年)12月25日指定)
構造:木造、建築面積150.8m2、二階建、銅板葺
建築年:1889年(明治22年)頃
 

 
ページ先頭(明治学院大学の近代建築:明治学院大学 インブリー館)へもどる。
東京の近代建築

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.