いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 港区

東京海洋大学 雲鷹丸


 東京水産大学の前身である農商務省水産講習所の練習船として大阪鉄工所桜島工場で建造されました。3本マストのバーク型「鋼製補助機関付」帆船で、国産鋼製船舶としては現存最古のものになる。昭和37年、大学のシンボルとして喫水線上部が現位置に移設されました。
 
東京海洋大学 雲鷹丸 地図(中央のポインターの場所が東京海洋大学 雲鷹丸です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に東京海洋大学 雲鷹丸の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都港区港南4丁目5番7号(品川キャンパス)
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0042号)
構造:鋼製帆船、長さ41.2m、最大幅8.7m
建築年:1909年(明治42年)
 

 
ページ先頭(東京都港区の近代建築:東京海洋大学 雲鷹丸)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.