いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 国立天文台

国立天文台 天文台歴史館


 国立天文台 天文台歴史館は、大赤道儀室として1926年(大正15年)に建設(鉄筋コンクリート造2階建て、ドーム付)されました。三鷹市西部の雑木林を残す敷地内にあります。頂部にロンバルト帯風の蛇腹を廻した円筒状鉄筋コンクリート造躯体に、直径15メートルの銅板葺鉄骨造ドームを載せ総高19.5メートルとなっています。ドーム内には、1929年(昭和4年)に設置されたドイツのカール・ツァイス製望遠鏡(口径65cm、焦点距離10m)があります。望遠鏡の鏡筒の方向・傾きに合わせて、ドーム回転と円形観測床の回転及び傾斜角調節を行うことが出来ます。現在は、国立天文台歴史館としてリニューアルされ、国立天文台の歴史を伝える展示施設となっています。
 
国立天文台 天文台歴史館 地図(中央のポインターの場所が国立天文台 天文台歴史館です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に国立天文台 天文台歴史館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都三鷹市大沢2丁目21番1号
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0125号)
構造:鉄筋コンクリート造2階建、建築面積238m2、ドーム付
建築年:1926年(大正15年)
 

 
ページ先頭(国立天文台の近代建築:国立天文台 天文台歴史館)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.