いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 大田区

鳳凰閣


 鳳凰閣は、東洋文明の啓蒙活動を行っていた清明会が設立した清明文庫の本館で、戦後出版社の所有となり鳳凰閣と改称されました。内装はモザイクタイルを用いるなど要所を装飾していますが、外壁は装飾的要素を控えた簡明なデザインとし、正面玄関上から立ち上がる4本の柱型に特色があります。
 
鳳凰閣 地図(中央のポインターの場所が鳳凰閣です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に鳳凰閣の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都大田区南千束2丁目3番1号
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0072号)
構造:鉄筋コンクリート造3階建、建築面積548m2
建築年:1933年(昭和8年)
 

 
ページ先頭(東京都大田区の近代建築:鳳凰閣)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.