いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 大田区

三橋家住宅


 三橋家住宅の主屋は、東京城南地区に開発された郊外住宅地に建っています。木造2階建、入母屋造、桟瓦葺で、外壁は下見板を高く張り純和風の構えとしています。室内は洋間の応接室、食堂以外は和室としていますが、居間中心型の整然とした平面を持っています。丁寧なつくりで、昭和初期和風住宅の好例を示しています。
 
三橋家住宅 地図(中央のポインターの場所が三橋家住宅です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に三橋家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都大田区久が原6丁目6番4号
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0172号)
構造:木造2階建、瓦葺、建築面積88m2
建築年:昭和時代初期
 

 
ページ先頭(東京都大田区の近代建築:三橋家住宅)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.