いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 大田区

鈴木家住宅


 鈴木家住宅主屋は、渋沢栄一の田園都市構想に基づいて開発された田園調布住宅街に建つ木造モルタル塗り、2階建の洋館で、ベイウインドーを用い、数多くの上げ下げ窓を配しています。二階は切妻造腰屋根付、段違いとし、1階は2階から葺き下ろして寄棟とする複雑な屋根の構成に特色があります。
 
鈴木家住宅 地図(中央のポインターの場所が鈴木家住宅です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に鈴木家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都大田区田園調布3丁目3番17号
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0073号)
構造:木造2階建、鉄板葺、建築面積165m2
建築年:大正時代末期
 

 
ページ先頭(東京都大田区の近代建築:鈴木家住宅)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.