いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京の近代建築物 > 台東区の近代建築物

旧東京音楽学校奏楽堂


 旧東京音楽学校奏楽堂は、文部省営繕課の山口半六と久留正道の設計、音響設計は音楽学校主事の上原六四郎の手になる日本最初の本格的な音楽用ホールであり、音楽教育の記念碑的な存在です。壁体や床下に藁や大鋸屑をつめて遮音や音響効果に対する技術的な配慮もなされています。1987年(昭和62年)3月に現在地に移築保存され、東京都台東区が移築保存し、区の音楽ホールとして再活用を行っています。
 
旧東京音楽学校奏楽堂 地図(中央のポインターの場所が旧東京音楽学校奏楽堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧東京音楽学校奏楽堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都台東区上野公園8番43号
 
文化財指定:国の重要文化財(1988年(昭和63年)1月13日指定)
構造:木造、建築面積785.4m2、二階建、玄関ポーチ付、桟瓦葺
建築年:1890年(明治23年)
 

 
ページ先頭(東京都台東区の近代建築:旧東京音楽学校奏楽堂)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.