いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 台東区

東京国立博物館 本館

いこまいけ高岡

 東京国立博物館 本館(旧東京帝室博物館本館)は、旧本館(1882年(明治15年)開館、J.コンドル設計)が関東大震災で被害を受けたことにより、1935年(昭和10年)4月1日に上棟、1937年(昭和12年)11月6日に竣工しました。設計は「東京帝室博物館建築設計図案懸賞募集」の一等当選案(渡辺仁案)を原案とし、宮内省内匠寮が実施設計にあたり、大林組が施工を行いました。平面は中庭を二つ設けた日の字型平面で、正面中央前方に車寄を張り出しています。鉄骨鉄筋コンクリート造で、規模は建築面積約6600m2、地上2階、地下2階となっています。和風を基調とした大建築で、意匠的に完成度が高く、昭和時代初期の日本の近代建築の到達点を示す作品のひとつとして高い価値があります。また、博物館建築としての採光、空気調和等の設備面において、当時最新の技術水準が示されている点にも歴史的意義が認められています。
 
東京国立博物館 本館 地図(中央のポインターの場所が東京国立博物館 本館です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に東京国立博物館 本館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都台東区上野公園13番9号
 
文化財指定:国の重要文化財(2001年(平成13年)6月15日指定)
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、建築面積6,601.8m2、二階建、地下二階、本瓦葺、正面玄関ポーチ付
建築年:1937年(昭和12年)
 

 
ページ先頭(東京都台東区の近代建築:東京国立博物館 本館)へもどる。
東京の近代建築
 
東京のホテル
東京のホテル

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.