いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 豊島区

自由学園 明日館

いこまいけ高岡

 自由学園明日館は、中央棟(1921年(大正10年)、木造平屋建て、一部2階、半地下、鉄板葺)、西教室棟(1922年(大正11年)、木造平屋建て、鉄板葺)、東教室棟(1925年(大正14年)、木造平屋建て、鉄板葺)で構成される建物です。設計はフランク・ロイド・ライトと遠藤新、施工は女良工務店が行いました。
 
自由学園 明日館 地図(中央のポインターの場所が自由学園 明日館です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に自由学園 明日館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都豊島区西池袋2丁目31番3号
 
文化財指定:国の重要文化財(1997年(平成9年)5月29日指定)
構造:中央棟は、木造、建築面積639.6m2、一部二階、東西翼屋及び半地下付、切妻造、鉄板葺。東教室棟は、木造、建築面積179m2、切妻造、西面突出部付、鉄板葺。西教室棟は、木造、建築面積178.9m2、切妻造、東面突出部付、鉄板葺。講堂は、木造、建築面積403.3m2、一部二階、切妻造、左右塔屋付、鉄板葺。
建築年:1921年(大正10年):中央棟、1925年(大正14年):東教室棟、1922年(大正11年):西教室棟、1927年(昭和2年):講堂
 

 
ページ先頭(東京都豊島区の近代建築:自由学園 明日館)へもどる。
東京の近代建築

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.