いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 航空自衛隊 > 模擬標的

曳航標的装置 AGTS


 AGTSは、F-15JとF-4EJ 機関砲の射撃訓練に使用される標的装置です。F-15JF-4EJ 戦闘機に装着し、機関砲射撃訓練用の曳航標的 TDK-39 を懸架します。標的の張り出しと巻き込みにより再使用が可能です。標的には命中弾数のモニター装置が内蔵され、曳航索を介して命中情報が曳航機に伝送され射撃訓練機にスコアを伝えます。
 
曳航標的装置 AGTS(写真:2009年11月1日 小松基地・航空祭にて撮影)
曳航標的装置 AGTS
 
曳航標的装着時の曳航標的装置 AGTS
曳航標的装着時の曳航標的装置 AGTS
 
名称:曳航標的装置 AGTS(Aerial Gunnery Target System)
用途:機関砲射撃訓練
適用機種:F-15、F-4
曳航索:2600フィート(約790メートル)
 
曳航標的装置 AGTSの写真
曳航標的の尻尾
曳航標的の尻尾
曳航索
曳航索
 

 
航空自衛隊 模擬標的
レーダーミサイル標的 TDU-37/B曳航標的装置 AGTS航空機模擬標的 J/AQM-1B赤外線ミサイル標的 NPT-IR-1
ページ先頭(航空自衛隊:曳航標的装置 AGTS)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.