いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 下京区

旧柳原銀行 本店

いこまいけ高岡

 旧柳原銀行 本店(柳原銀行記念資料館)は、1899年(明治32年)に柳原町(現在の崇仁地区)の産業育成を図るために、明石民蔵らによって設立された銀行で、1907年(明治40年)の建築(木造2階一部平屋建て、屋根寄せ棟及び切妻造り浅瓦葺)です。当初は河原町通塩小路の西南角に位置していたため、交差点に面して隅切りした外観をとっています。京都において現存最古の木造銀行建築です。河原町通りの拡幅工事のため、平成9年に現在地に移築・復原修理され、柳原銀行記念資料館として活用されています。京都市登録有形文化財になっています。
 
旧柳原銀行 本店 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧柳原銀行 本店の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
旧柳原銀行 本店 住所:京都府京都市下京区河原町通塩小路下る下之町
 

 
ページ先頭(下京区の近代建築物:旧柳原銀行 本店)へもどる。
京都市 近代建築物
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.