いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 江差町

旧中村家住宅

いこまいけ高岡

 旧中村家住宅は、北海道西海岸地方の典型的町屋で、1889年(明治22年)頃に建築された切妻造妻入りの土蔵造の建物です。海産問屋で回船業も兼ねていたので、主屋背部浜側に倉二棟を連続して配置されています。北海道の土蔵造町家としては古い建築例に属します。
 
文化財指定:国の重要文化財(1971年(昭和46年)12月28日指定)
構造:主屋:土蔵造、桁行13.2m、梁間11.5m、二階建、切妻造、妻入、桟瓦葺。文倉庫:土蔵造、桁行4.5m、梁間7.3m、二階建、地下一階、切妻造、妻入、南端主屋に接続、東面庇付、桟瓦葺。下ノ倉:土蔵造、桁行8.2m、梁間4.7、二階建、切妻造、南端文庫倉に接続、東面庇付、桟瓦葺、北面はねだし附属、切妻造、妻入、板葺。
建築年:1889年(明治22年)頃:主屋・文倉庫、江戸末期:下ノ倉
 
旧中村家住宅 地図(橙色ポインター「1」の場所が旧中村家住宅です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧中村家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道檜山郡江差町字中歌町22番地
  1. 旧中村家住宅
  2. JR江差線 江差駅:江差・木古内 一日6往復、所要1時間10分
  3. 江差港:江差・奥尻島のフェリー(夏場は2便/日、冬場は1便/日、片道2時間10分)
  4. 旧檜山爾志郡役所庁舎
 

 
ページ先頭(北海道江差町の近代建築:旧中村家住宅)へもどる。
北海道の近代建築

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.