いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 文京区

日本聖公会 東京諸聖徒教会 礼拝堂


 日本聖公会 東京諸聖徒教会 礼拝堂は、関東大震災後、現在地への移転に伴い1931年(昭和6年)に建設されたものです。設計は米国人建築家バーガミニ、施工は清水組が行いました。第二次世界大戦時に屋根部分を焼失していますが、戦後復興されました。コンクリートの量感のある外観が特徴的で、尖塔と共に広く親しまれています。
 
日本聖公会 東京諸聖徒教会 礼拝堂 地図(中央のポインターの場所が日本聖公会 東京諸聖徒教会 礼拝堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に日本聖公会 東京諸聖徒教会 礼拝堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都文京区千石2丁目18番4号
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0175号)
構造:鉄筋コンクリート造2階建、金属板葺、建築面積264m2、鐘楼付
建築年:1931年(昭和6年)
 

 
ページ先頭(東京都文京区の近代建築:日本聖公会 東京諸聖徒教会 礼拝堂)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.