いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 文京区

進開屋


 進開屋は、そば屋の店舗として建築されました。1階前半土間に卓・椅子を置いて客席とし、奥を土間と板間に分け調理場としています。客席土間から上がる2階は前後に客座敷2室を配しています。立ちの高い外観は1階に出格子を設け、2階は軒をせがい、窓に透かし板の高欄を付けて整えています。
 
進開屋 地図(中央のポインターの場所が進開屋です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に進開屋の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都文京区千石2丁目30番6号
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0142号)
構造:木造2階建、瓦葺、建築面積52m2
建築年:昭和時代初期
 

 
ページ先頭(東京都文京区の近代建築:進開屋)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.