いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 文京区

湯島聖堂


 湯島聖堂は、1690年(元禄3年)に5代将軍・徳川綱吉によって建てられた孔子廟です。もとは、1632年(寛永9年)に上野忍岡(現在の上野公園)の林羅山邸内に建てられた孔子廟「先聖殿」を神田台(現在の湯島)へ移し、「大成殿」と改名するとともに、付属する建物を「聖堂」と総称しました。その後、寛政の改革により1797年(寛政9年)に林家の施設であった聖堂は幕府に収公されて、「昌平坂学問所」となりました。大成殿は江戸の大火や関東大震災により焼失し、その度に再建されました。現在の湯島聖堂は、1935年(昭和10年)に建築された鉄筋コンクリート造平屋建ての建物です。設計は伊東忠太、施工は大林組と松井組が行いました。
 
湯島聖堂 地図(中央のポインターの場所が湯島聖堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に湯島聖堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都文京区湯島1-4
 
文化財指定:なし
構造:鉄筋コンクリート造平屋建
建築年:1935年(昭和10年)
 

 
ページ先頭(東京都文京区の近代建築:湯島聖堂)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.