いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 日本女子大学

日本女子大学 成瀬記念講堂


 日本女子大学 成瀬記念講堂(旧日本女子大学校 豊明図書館兼講堂)は、1906年(明治39年)に建築された木造2階建ての建物です。設計は田辺淳吉、施工は清水組が行いました。建物は、1923年(大正12年)の関東大震災により煉瓦壁が破損したため木造に改修されましたが、木骨トラスやステンドグラス、基礎部分の煉瓦構造等は当時のままです。当初、2階バルコニー部分は図書館でしたが大震災後に講堂専用となりました。その後、1961年(昭和36年)に補修工事がなされ、大学創設者・成瀬仁蔵の名を冠して「成瀬記念講堂」と改名されました。壇上の成瀬仁蔵胸像は、高村光太郎の作品です。また大学キャンパス内には、1926年(大正15年)に建てられた樟渓館もあります。
 
日本女子大学 成瀬記念講堂 地図(中央のポインターの場所が日本女子大学 成瀬記念講堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に日本女子大学 成瀬記念講堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都文京区目白台2丁目8番1号
 
文化財指定:なし
構造:木造2階建
建築年:1906年(明治39年)
 

 
ページ先頭(日本女子大学の近代建築:日本女子大学 成瀬記念講堂)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.