いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築 > 東京 > お茶の水女子大学

お茶の水女子大学 附属幼稚園園舎


 お茶の水女子大学 附属幼稚園園舎は、本館東側に位置しています。園庭に東面する横長平面で、中廊下の両側に保育室などが配置されています。建築面積1289m2、鉄筋コンクリート造、平屋建。外壁はスクラッチタイル貼で、腰壁に万成石を貼っています。保育室入口にステンドグラスをあしらうなど、洗練された意匠の園舎です。設計は文部省建築課で、設計図書によると、設計掛長は高橋理一郎、設計者は乙部勝です。
 
お茶の水女子大学 附属幼稚園園舎 地図(中央のポインターの場所がお茶の水女子大学 附属幼稚園園舎です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所にお茶の水女子大学 附属幼稚園園舎の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都文京区大塚2-35
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0225号)
構造:鉄筋コンクリート造平屋建、建築面積1289m2、砂場3ヶ所付
建築年:1931年(昭和6年)
 

 
ページ先頭(お茶の水女子大学の近代建築:お茶の水女子大学 附属幼稚園園舎)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.