いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 東京大学

東京大学 工学部1号館


 東京大学 工学部1号館は、旧工科大学本館が関東大震災で損壊したため、その跡地に建築されたもので、1935年(昭和10年)に竣工しました。鉄骨鉄筋コンクリート造で煉瓦タイル貼となっています。外観は正面にゴシックアーチのアプローチが付き、各柱筋にバットレス風の付柱を持っています。設計は内田祥三、施工は戸田組が行いました。
 
東京大学 工学部1号館 地図(中央のポインターの場所が東京大学 工学部1号館です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に東京大学 工学部1号館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都文京区本郷7丁目3番1号(本郷キャンパス)
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0037号)
構造:鉄筋コンクリート造4階建、建築面積3263m2
建築年:1935年(昭和10年)
 

 
ページ先頭(東京大学の近代建築:東京大学 工学部1号館)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.