いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 東京大学

東京大学 法文1号館


 東京大学 法文1号館は、東大キャンパスの主軸をなす正門と大講堂を結ぶ東西軸に沿って建つ校舎の一つで、入口ポーチのフィニアルは、旧校舎のものを再利用したものです。1階部分に三廊形式の教会内部を思わせるゴシック様式のアーケードを配し南北通路を跨ぐ構成としています。設計は内田祥三、施工は竹中工務店が行いました。
 
東京大学 法文1号館 地図(中央のポインターの場所が東京大学 法文1号館です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に東京大学 法文1号館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都文京区本郷7丁目3番1号(本郷キャンパス)
 
文化財指定:国登録有形文化財(第13-0038号)
構造:鉄筋コンクリート造3階建一部4階建、建築面積2695m2
建築年:1935年(昭和10年)
 

 
ページ先頭(東京大学の近代建築:東京大学 法文1号館)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.