いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 東京大学

東京大学 医科学研究所 付属病院


 東京大学医科学研究所は、旧東京帝国大学附置伝染病研究所として1937年(昭和12年)に建築された鉄骨鉄筋コンクリート3階建て、一部5階、地下1階の建物です。設計は内田祥三、施工は大倉土木と大林組が行いました。隣には、国立保健医療科学院白金庁舎があります。
 
東京大学 医科学研究所 付属病院 地図(中央のポインターの場所が東京大学 医科学研究所 付属病院です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に東京大学 医科学研究所 付属病院の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都港区白金台4丁目6番1号
 
文化財指定:なし
構造:鉄骨鉄筋コンクリート3階建、一部5階、地下1階
建築年:1937年(昭和12年)
 

 
ページ先頭(東京大学の近代建築:東京大学 医科学研究所 付属病院)へもどる。
東大の近代建築

Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.