いこまいけ高岡 > 福岡町 > 高岡市福岡歴史民俗資料館

高岡市福岡歴史民俗資料館 盤持ち石

高岡市福岡歴史民俗資料館 盤持ち石
 
明治時代の中頃から大正時代にかけて、砺波地方はどこの在所でも盤持ち(ばんぶち)が盛んでした。秋の取りいれも終った11月中頃から3月の終り頃までの間、日を定めて行なっていました。日暮になると「ぱんぶつや、ぱんぶつや」と触れまわって、寺や宮あるいは親っさまの家の庭に集まり、五斗入り、一斗入りなどの米俵を特別に作り、それを持ち上げる力自慢をしました。盤持ち石は、練習に使われる大小の石で、それそれ何斗分の米に相当するかが決まっていました。
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.