いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 氷見市 観光案内 > 十二町潟

水生植物の池


 イタセンパラは、日本だけに生息する固有種で淀川水系と濃尾平野と氷見市の三箇所にしか生息していない珍しい魚(絶滅危惧種)です。コイ科タナゴ亜種タナゴ属の淡水魚です。全長は7から8センチメートルになりタナゴの仲間では大型の部類です。秋になると産卵期を向かえ、オスは婚姻色に変化します。イタセンパラは、イシガイなどの淡水にすむ二枚貝に卵を産みつけ、冬の間は貝の中で大きくなり、春になると貝から出て泳ぎ始めます。
十二町潟 水生植物の池
 

 
十二町潟の見所
オニバススイレンハスカエル水生植物の池十二町潟横断橋
ページ先頭(十二町潟:あああああ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.