いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 氷見市 観光案内 > 十二町潟

オニバス


 オニバスはスイレン科に属し、池などの淡水の水中で種子から映える一年草の水草です。5月中旬頃から発芽し、7月頃には葉が直径1メートルから2メートルに成長します。葉の表裏や茎は無数の棘で覆われています。7月下旬になると、4から5センチメートルの赤紫色の花をつけ9月上旬頃までオニバスの花を見ることが出来ます。オニバスの植生地は多数ありますが、十二町潟のオニバスは巨大で生育数が多いことから大正12年3月に「十二町潟オニバス発生地」として国の天然記念物に指定されました。なお現在では、「発生地」に指定された場所でオニバスは見られず、十二町潟水郷公園内にあるオニバス池でのみ自生しています。
 
池一面にオニバスの葉が広がっています。葉っぱたくさんあるけど肝心の花は???と思ってしまいました。蓮の花を想像していたので、ちょっと面食らいました。
十二町潟 オニバスの地
 
オニバスは、葉っぱを押し破るようにして親指大の花が出てくると知りました。
オニバスの花
 
トゲのある嘴のように見える蕾。水中から怪獣が出てくる様でした、まぁ「鬼」ハスですからね。
オニバスの蕾
 
葉っぱの上を歩くことは出来ません。
オニバスの葉
 

 
十二町潟の見所
オニバススイレンハスカエル水生植物の池十二町潟横断橋
ページ先頭(十二町潟:オニバスの地)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.