いこまいけ高岡 > 射水 > 近代建築 > 竹内源造記念館

竹内源造

いこまいけ高岡

 竹内源造(たけうち げんぞう)は、旧小杉町出身の鏝絵職人(左官)です。1886年(明治19年)に旧小杉町上新町の左官・竹内平右衛門(勘吉)の五男として生まれ小学校を卒業すると同時に左官となり、1942年(昭和17年)に亡くなるまで多くの鏝絵を製作しました。作品は現在も富山県内に多く残っています。有名な作品としては、富山市東岩瀬の佐藤家土蔵、砺波市の千光寺土蔵、同じく砺波市の名越家土蔵などがあります。また鏝絵ではありませんが、砺波市庄川町金屋にある庄川大仏(コンクリート製)も竹内源造の作品です。竹内源造記念館の二階に竹内源造鏝絵常設展示室があり、作品や竹内源造の使った道具類などが展示されています。
 
恵比須・大黒(射水市指定文化財):元 第一薬品工業株式会社 小杉営業所 外壁
竹内源造の鏝絵
 
唐獅子牡丹の鏝絵
唐獅子牡丹
 
鶴と雲(射水市指定文化財)
鶴と雲
旧 議場正面にある鳳凰の鏝絵
鳳凰の鏝絵
龍(懸魚)
龍の鏝絵
庄川大仏
庄川大仏
 

 
ページ先頭へもどる。
射水市 近代建築物

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.