いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 上京区地図 / 衣笠地図 > 北野天満宮 > 三光門

三光門 扁額


この鳥居型の扁額は三光門正面に掲げられ、江戸時代前期の後西天皇(ごさい てんのう、第111代天皇、在位:承応3年(1655年) - 寛文3年(1663年))の勅額で御宸筆「天満宮」と記されています。なお扁額で隠れて見えませんが扁額の後側には、三光門の名前の由来ともなっている「日輪と鷺(サギ)」や2つの蟇股の極彩色彫刻があります。
 
三光門 扁額(写真:2009年10月28日撮影)
三光門 扁額
 

 
三光門の見所
蟇股三光門の北側上部木鼻扁額
ページ先頭(北野天満宮:三光門の扁額)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.