いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 京都御所 > 一般公開 > 御常御殿

中段の間 襖絵


 御常御殿の中段の間には、鶴沢探真(つるさわ たんしん)筆による「大禹戒酒防微図(たいうかいしゅぼうびず)」の襖絵があります。中国の神話伝説時代の賢帝「禹(う、夏王朝の創始者、紀元前2070年頃の王」が儀狄(ぎてき、中国で酒の祖とされる人物)という人物から「酒」を献上された場面を描いた襖絵です。
 
中段の間:鶴沢探真筆「大禹戒酒防微図」
大禹戒酒防微図
 
儀狄が禹の酒を献上する場面
儀狄が禹の酒を献上する場面
 

 
ページ先頭(京都御所:御常御殿・中段の間 襖絵)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.