いこまいけ高岡 > 高山市 > 飛騨国分寺

表門

いこまいけ高岡

飛騨国分寺の表門は、1739年(元文4年)に飛騨代官 長谷川忠祟の手代 小林儀右衛門ら4人の寄進により、飛騨の名工 松田太右衛門によって建てられました。冠木上にある板蟇股や腕木の繰り形に飛騨地方中期の建築様式の好例が見られます。1977年(昭和52年)に高山市指定文化財となりました。
 
飛騨国分寺 表門(写真:2009年10月10日撮影)
飛騨国分寺 表門
 
飛騨国分寺 表門 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に飛騨国分寺 表門の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(飛騨国分寺:表門)へもどる。
飛騨国分寺の見所

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.