いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 飛騨市 > 古川祭 > 屋台 > 麒麟台

麒麟台 からくり人形


 麒麟台のからくり人形は、古い屋台にあった人形踊りを1978年(昭和53年)に復活させたもので、「石橋獅子舞」と呼んでいます。唐子が花籠を持ち出し、花籠を樋の先端に置いた後、離れて、獅子頭をかぶり乱舞し、五色の紙吹雪を撒き散らすからくりです。
 
麒麟台 からくり人形(写真:2014年4月20日撮影)
麒麟台 からくり人形
 
麒麟台 からくり人形(写真:2013年4月20日撮影)
麒麟台 からくり人形
 
麒麟台 からくり人形の写真
唐子が樋の先に花籠を持って行きます。
唐子が樋の先に花籠を持って行きます。
あっちへフラフラ、こっちへフラフラ
すんなり行かず、あっちへフラフラ
漸く、花籠を運び終えました。
漸く、花籠を運び終えました。
花籠を覗く唐子
花籠を覗く唐子
花籠から花吹雪とともに牡丹が飛び出し、仰け反って驚く唐子
花籠から花吹雪とともに牡丹が飛び出し、仰け反って驚く唐子
その後、踊りだす唐子
その後、踊りだす唐子
花吹雪が舞い、獅子舞に変化
花吹雪が舞い、獅子舞に変化
無事、終了
無事、終了
 

 
ページ先頭(麒麟台 屋台:からくり人形)へもどる。
麒麟台 屋台

Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.