いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 飛騨市 / 富山の曳山祭り

古川祭


 古川祭(ふるかわまつり)は、毎年4月19日と20日に岐阜県飛騨市古川町で開催される気多若宮神社の例祭(19日:試楽祭、20日:本楽祭)です。古川祭の基本的な構成は、「神輿行列」と祭りの開始を告げるために打ち鳴らしたといわれる「起し太鼓」と絢爛豪華な9台の屋台による「屋台行列」からなります。祭りの起源は定かではありませんが、文献に最初に登場するのは、屋台が1776年(安永5年)、起し太鼓が1831年(天保2年)となっています。1980年(昭和55年)に「古川祭の起し太鼓・屋台行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されました。日本三大裸祭りの一つに数えられています。
 
起し太鼓(写真:2014年4月19日撮影)、まつり広場での打ち出し
古川祭 起し太鼓
 
古川祭(写真:2013年4月20日撮影)、まつり広場での屋台曳き揃え
古川祭 屋台曳き揃え
 
古川祭のスケジュール(2013年版)
古川祭の駐車場
 市街地から最も近い駐車場は、若宮駐車場と古川小学校臨時駐車場で、徒歩で5分から10分です。古川小学校は、国道41号線の南成町交差点で北へ曲がりひたすら真っ直ぐ進み荒城川に架かる増島橋を渡って目の前にあります。駐車場として開放されるのは、4月19日の朝9時から20日の夜19時までです。駐車場は、2013年に行った時は無料でした。
 

 
ページ先頭(岐阜県飛騨市:古川祭)へもどる。
岐阜県の曳山
 
富山県の曳山

Copyright © 2006-2015 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.