いこまいけ高岡 > 富山県の曳山

安川乾清


 安川乾清(やすかわ けんせい)は、江戸時代前期の金工職人で、高岡彫金の開祖とされる人物です。1609年(慶長14年)に加賀藩2代藩主前田利長が高岡城を築城した際に、金沢から移り住んだ白銀(しろがね)職人の一人です。刀剣装具・装身具などの名工であったと伝えられています。
 
安川乾清 代表作の一つ:高岡御車山 小馬出町 幕押さえ金具の一つ
安川乾清 作の金具
 
安川乾清の作品
 

 
曳山の名工達
辻丹甫安川乾清板屋小右衛門
ページ先頭(曳山名工:安川乾清)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.